上手

育毛シャンプーどのくらいすすいだらいい?

育毛シャンプーの効果的な使い方は基本的に2度洗いをすることがいいと推奨されています。
これは、一度目の洗髪が髪の毛についた汚れや皮脂を落とすことが目的で、2度目はマッサージを兼ねて汚れをすべて洗い流すというのが目的です。
一度目も二度目も育毛シャンプーはきちんとすすぐ必要があります。

シャンプーというのは頭皮に残ってしまうとフケの原因や痒みを発症することがありますので十分に気を付けることが必要です。
一度目のシャンプーでしっかりと汚れを落としておくと2度目のシャンプーにはたくさんの量のシャンプー液は必要なくなりますので、すすぎやすくもなります。
シャンプーの使い方という事になりますが、一度目のシャンプーの前には髪の毛をきちんとお湯で十分に濡らす必要があります。

髪の毛と頭皮をきちんとお湯で一度洗い流すことによって水の被膜を頭皮に張ることが出来ます。
そうすることでシャンプーの際に頭皮などへの刺激を少しでも軽減するということに繋がるのです。
更には髪の毛を濡らすことによって育毛シャンプーの泡立ちもよくなりますし、シャンプーで起きる摩擦を減らす効果にもつながります。

摩擦が起きると髪の毛に負担をかけるだけでなく、髪の毛にダメージを与えてしまう可能性もあります。
ですから、掌でシャンプーをよく泡立てるようにしましょう。
頭皮に直接シャンプーを付けてしまう事は避けたほうがいいでしょう。

こうして一度目のシャンプーをし、十分にすすいだのち2度面シャンプーをします。
2度目のシャンプーは育毛シャンプーの量を減らしても皮脂や汚れが落ちていますので、一度目よりも泡立ちがよくなります。
頭皮や毛穴をマッサージするように洗うのがコツです。
2度洗いがいいのなら3度でも4度でもと思われがちですが、http://www.equalrightsfoundation.org/origin.htmlにも書いてあるとおり、何度も洗いすぎるとそれは髪の毛や頭皮に負担をかけることになってしまいますので、回数は2回に抑えつのがいいでしょう。
きちんとシャンプーはあらいながし、頭皮を清潔に保つように心がけてください。

Copyright(C) 2013 頭皮や髪に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.