上手

育毛シャンプーを上手に使いこなす

育毛シャンプーには効果のある使い方があります。
育毛シャンプーを使っていればいいというだけではダメなのです。
適量を適した洗い方で髪の毛を洗うという事でその効果が表れてきます。

いくら育毛シャンプーを使っていても量が多すぎてきちんと頭皮からシャンプーを洗い流すことが出来ないと、最終的に頭皮に残ったシャンプーが汚れとなり詰まってしまったり、運動をして汗をかいたりするとその残ってしまったシャンプーが悪臭を放ってしまったりする場合があります。
また、育毛シャンプーを使っていても髪の毛を痛めるような洗い方をしてしまっては、せっかくの効果が台無しになってしまいます。
育毛シャンプーのきちんとした使い方を知ることによって、育毛シャンプーの効果を最大限に発揮できるようにしましょう。

まず、育毛シャンプーでの洗髪は必ず2度行うという事を覚えておいてください。
これは、一度目で汚れを浮かせて落とし、2回目で残ってしまった汚れをすべて洗い流しながら頭皮のマッサージも併用するという事です。
一度目のシャンプーは手のひらに10円玉くらいの大きさのシャンプーを取り、掌でこすりながら泡立てます。

この時、きめの細かい泡が立つまで掌でこすってください。
その泡を毛先から優しく揉むように洗い上げていきます。
毛先から頭皮のほうに徐々に上がっていくようにしましょう。

この時、髪の毛をこすり合わせないように注意しましょう、摩擦力で髪の毛が痛んでしまう可能性があります。
最後に地肌を爪を立てないように気を付けながら指の腹でマッサージをしてあげます。
終わりましたら、しつこいくらいにお湯ですすいでください。

シャンプーの成分が残らないようにお湯ですすぐという事がポイントです。
そして2度目のシャンプーは1度目よりも若干少なめの量を掌に取り、1度目と同じようにしっかりと泡立てて 髪の毛の先のほうから頭皮まで優しくマッサージをしていきます。
そしてしつこいくらいにお湯ですすいでください。
頭皮のシャンプーの成分を残さないようにしっかりと洗い上げるというのが必要なことなのです。
余分な量のシャンプーを無駄遣いしないように注意してくださいね。
他にも、育毛シャンプーの効果を最大限に引き出すには生活習慣も関係があるので、この機会に一度見直してみてください。

Copyright(C) 2013 頭皮や髪に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.