上手

育毛シャンプーの適量は?

育毛シャンプーを製造している会社によりその泡立ちの程度などが違うため一概には言えませんが、大体は手のひらの上に10円玉程度のシャンプーの量を摂ればいいと思います。
そのまま髪の毛で泡立てるのではなく、掌の上で育毛シャンプーは泡立てるようにすると良いでしょう。
掌の上で泡立てたシャンプーはきめ細かい泡になります。

きめの細かい泡だったシャンプーで優しく髪の毛を洗うというのがコツなのです。
更に育毛シャンプーは2回ほど洗髪をするのが効果的と言われています。
これは一度目にきちんと皮脂などの汚れを浮かせて汚れを落とし、2回目で残っている汚れがないようにきちんと洗い落とせるためです。

1度目のシャンプーよりも2度目のシャンプーの量は少なくていいでしょう。
特に2回目のシャンプーの際にはきちんと掌で泡立て、優しくマッサージをするように洗うと非常に効果的です。
髪の毛がすでにだいぶ汚れが落ちている状態になっているため、少ない量のシャンプーでも泡立ちが格段に良くなっているはずです。

沢山のシャンプーを付ければいいというわけではなく、あくまでも汚れがきちんと落ちる程度のシャンプーの量を使うというのがベストです。
あまりにもたくさんの量のシャンプーを使用すると、シャンプーが洗い流してもきちんと落ち切らなくなり、シャンプーが頭皮や髪の毛に残っているとかえって不潔な匂いを放ったり、フケやカユミの原因になってしまう事もあるのです。
育毛シャンプーで洗った後には、必ずシャンプーをすべて洗い落とす必要性があります。

毎日正しい手順で育毛シャンプーを使用することによって、
頭皮の油っぽさなどが徐々に落ちていくことを実感できるようになるでしょう。
育毛シャンプーを製造している会社によりその泡立ちの程度などが違うため一概には言えませんが、大体は手のひらの上に10円玉程度のシャンプーの量を摂ればいいと思います。

そのまま髪の毛で泡立てるのではなく、掌の上でシャンプーは泡立てるようにするといいでしょう。
掌の上で泡立てたシャンプーはきめ細かい泡になります。
きめの細かい泡だったシャンプーで優しく髪の毛を洗うというのがコツなのです。

Copyright(C) 2013 頭皮や髪に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.