上手

育毛シャンプーは薬用じゃないとダメ?

育毛シャンプーは大きく分けて3種類あります。
「薬用」「医薬部外品」それともう一つは化粧品などと同じ分類の「化粧品」ものの3種類です。
一つ言えることなのですが、あくまでも「薬用」の表記での薬事法での取り決めがないため、「医薬部外品」と同じ効果のものでも「薬品」と記載されているものもあります。

ですから、基本的に薬局などで購入できるもので「薬品」と書かれている場合には、「医薬部外品」のものとほとんど変わらない可能性が高いというのが現実です。
もし、「薬用」という表記ではなく、「医薬品」という表記がある場合には別です。
医薬品というのは法律でも定められた薬品を使用しているという事になります。

医薬品の場合には医師や薬剤師が常駐しているような場所でしか販売されていないものです。
これは、容量などをきちんと守らずに使用すると、副作用などの深刻な体に害を及ぼす可能性のある薬物が混入しているというものになります。
医薬部外品というのは、化粧品の分類のものよりは効果が高いというものです。

「医薬品」ではなく、ただの「薬用」だけの表記であれば基本的に「薬品」と「医薬部外品」が変わらないものだと考えられていますので、
絶対に「薬用」じゃなくては効果がないものなんだと考える必要性はないのではないと考えられます。
「医薬部外品」のシャンプーというものがどのようなものかを簡単に説明すると、「医薬品」と呼ばれている物よりも、劇的な効果は認められないものの、症状を緩やかな速度ではあるが促進を促すものという事なのです。

副作用の危険性も少ないことも多いことから、販売に制限や認証が必要という事がないものなのです。
育毛シャンプーの考え方はあくまでも頭皮を清潔に保ち、血行をよくすることによって現在生えている髪の毛を健康に保つというのが主になります。
化粧品の分類のものの効果よりは断然に「医薬部外品」のもののほうが効果はあるとは思いますが、自分の頭皮の環境に合わせて、一番使い心地がいい育毛シャンプーを選ぶのがベストでしょう。


Copyright(C) 2013 頭皮や髪に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.